panelarrow

妊娠中の結婚準備

親、動転して激怒←結婚反対……って映像が、ああ、走馬灯のように脳裏を走るぅ。

まずは女性が自分の口から親に告げ、そのあとであらためてふたりで挨拶、という段取りにしよう。

しぶしぶでも親のOKを取りつけたら、お次は結婚準備。ここで道はふたつに分かれる。
式を挙げるか挙げないかだ。「妊娠してるだけで大変なのに、式や披露宴なんて面倒なことイヤ」というなら、もちろんそんなものやめちゃおう。
入籍だけして静かに出産に備えられればベストだもん。「式や披露宴はしたくなどと考えてる人は”ラッキー”」だよね。

それに、出産後、スマートなナイスバディに戻った体でウェディングドレスを着て記念写真を撮ることもできるし、
中には、あとで赤ちゃん連れの結婚式を挙げる人だっているしね。
逆に「やっぱりすぐに結婚式したいんだけど、妊婦だと無理?」って人、そんなことないよ。
ならきちんと対応してくれるしね。

不安定な妊娠2~4カ月頃に無理をすると流産の危険もあるから要注意だけど、
4カ月の終わりから安定期に入った5カ月にかけてなら、大丈夫。
その頃なら、まだおなかも目立たないし、マタニティ用のウェディングドレスもあるから心配ない。
ただし結納とか省ける手間は省いて、なるべくゆったりしたスケジュールを心がけて。

結婚式の規模は小人数でも大人数でも準備の手間はあまり変わらないから、ふたりの希望で決めてOK。
式場の担当者には必ず妊娠している旨、伝えること。
負担の少ない演出を助言してくれるよ。

参考:結婚相談所 選び方

Comments are closed.